北海道旭川市ひまわり幼稚園のロゴ ひまわり幼稚園への
お問い合わせ
北海道旭川市6条25丁目  
Tel(0166)32-0077  
Fax(0166)33-9635  
hmwr.yochien@gmail.com
Top教育目標  
旭川の幼稚園  メニュー  旭川の幼稚園
ひまわり幼稚園[ブログ] ひまわり幼稚園
ブログ

北海道旭川市ひまわり幼稚園[ひまわりこどもクラブ] 教育目標

北海道旭川市ひまわり幼稚園[募集要項] 募集要項

北海道旭川市ひまわり幼稚園[教育の特色] 教育の特色

北海道旭川市ひまわり幼稚園[認可保育所] 認可保育所

北海道旭川市ひまわり幼稚園[ひまわりこどもクラブ] ひまわり
こどもクラブ

北海道旭川市ひまわり幼稚園[アルバム&トピックス] アルバム
&トピックス

北海道旭川市ひまわり幼稚園[ひまわりキッズ] ひまわりキッズ(2, 3歳未就園児)

キリスト教保育への思い キリスト教保育への思い

北海道旭川市ひまわり幼稚園[幼稚園は場所] 幼稚園の場所

北海道旭川市ひまわり幼稚園[北海道キリスト教学園] 北海道
キリスト教学園

北海道旭川市ひまわり幼稚園[旭川豊岡教会] 旭川豊岡教会

北海道旭川市ひまわり幼稚園[サイトマップ] サイトマップ

北海道旭川市ひまわり幼稚園[トップページ] トップページ

ひまわり幼稚園は、旭川では唯一のプロテスタント・キリスト教幼稚園です。

 キリスト教における教育の目的は、キリストの愛によってこどもを守りはぐくむことにあります。こどもたちは、幼稚園生活の中で、ともだちや教師との関係を通し、自分が愛され受け入れられていることを感じ取っていきます。また、礼拝などを通して、自分たち皆が神に愛され受け入れられていることを知るようになります。このような“愛”に包まれて、こどもたちは、自分と隣人とを大切にする人間へと、人格的成長を遂げていきます。  この教育の理念を、ひまわり幼稚園では、上記のような教育目標にあらわしているのです。

神と人とに愛されるこどもとして成長する

 人間は、ゆたかに愛されることによって、人間らしく生きるものとなる。それが、キリスト教の理念です。どんなときも変わらずに自分のことを大切にしてくれる存在がある、そのように確信するとき、人は、生きる力を得るのです。条件つきの愛、限定された愛でなく、無条件の愛、無限の愛をあじわった人こそ、自分自身の人生を大切にし、他者を愛し、この世界に生きることをよろこぶ、たくましい愛に生きる人となれるのです。  ですから、この教育目標は、こどもにむかって「神様にほめられ、人からも大事にされるような、そんなよい子になりなさい」と叱咤激励しているのではありません。むしろ、「こどもは、神と人とによってゆたかに愛される中ではぐくまれなければならない」と、こどもたちにかかわろうとするおとなたちに与えられている目標なのです。  この目標のもとに、さらに具体的な下記の5つの項目を置いています。  


(1) 個性を重んじて、明るくのびのびと

 「人間は、みんなちがう」。こどもたちに向かい合うとき、こういう理解から出発したいと思います。 神は、同じ人間を二人と造ることはないのです。ひとりひとりのこどもは、それぞれがこの世にたったひとりだけの、 大切な人間です。それが個性ということにほかなりません。「かけがえのない」とは、 「とりかえることができない」という意味ですが、まさしく、ひとりのこどもは、ほかの何者をもってしても とりかえることのできない大切な存在として重んじられなければならないのです。  ひとりのこどもは、この世に二人といない、かけがえのない存在です。そしてまた、 そのようなおとなに育っていくはずのものです。たったひとりしかない自分という主体が育っていくためには、 その主体性が尊重される環境におかれなければなりません。決まりや指示は、主体性を育てることはできません。 責任を担いうる主体性は、自由によってこそはぐくまれます。自由には責任がともないますが、規制は無責任をもたらすのです。 自分自身と他者に対して責任を負って生きることのできる主体性は、自由な人間として認められる中ではじめてはぐくまれるのです。


(2) 友達を大切にして、社会性をのばす

 わたしたちの生きるこの社会には、たくさんの人々が共に生きています。ひとりひとり異なった人格が、 それでもいっしょに生きるために、違った個性を認め合い、尊重しあう姿勢を、ひとりひとりが持たなければなりません。  幼稚園も、ひとつの社会です。そこには、さまざまな人々、こどもたちが生活を共にしています。元気な子、 おとなしい子、外遊びの好きな子、口下手な子、社交的な子など、性格もさまざまであれば、家庭の環境もまちまちです。 しかし、どのような人であっても、自分とは違う存在であることを尊重し、いっしょに生きることを願って努力をする姿勢は、 こどものうちにあってこそはぐくまれるのです。

(3) 丈夫な身体と創造性の芽生えを

 ひまわり幼稚園では、自由遊びの時間を大切にしています。教師が、「この時間になったから、 これこれをしなさい」と指示をするのではなく、こどもたち自身が、今なにをしたらいいか、 どうすればこの時をもっと楽しくすごすことができるか、考え工夫し、自分たちの時間空間を創造していくことを期待しているのです。  どうしたらもっと楽しくできるか、自分は何をしたいのか、考え感じ取りながら、 自分の内面から湧き出るものを自由に表現していくとき、こどもの心と身体とが、 統合された自己表現の器として成長していくことでしょう。身体の健康は、それ自体が目的というよりも、 その身体で、自分らしく生きることをこそ目的とするものだと思うのです。

(4) 心を大切にして、情緒性ゆたかに

 「かんじんなものは、目に見えない」とは、サン・テグジュペリの作品『星の王子さま』の中の、 キーワードです。人間にとって「かんじんなもの」、ほんとうに大切なものは、目に見えないのです。 「愛」も、「知恵」も、「誠実」も、「勇気」も、それ自体は決して見ることはできません。目に見えない、 しかし、たしかに存在する大切なものを感じ取る「心」を、はぐくみたいと願っています。  人間の「心」をはぐくむのは、「ことば」です。よいことば、ゆたかな、味わい深いことばに、 たくさん触れることで、こどもたちの心は、深くゆたかに育っていきます。ひまわり幼稚園では、 こどもたちがよい絵本に出会うことができるよう、たくさんの本をそろえています。廊下や教室にあふれる絵本を、 一日一冊は教師が読み聞かせる機会をもっています。すばらしい絵本の世界に出会うことによって、こどもたちの心が養われるのです。  ひまわり幼稚園では、キリスト教の幼稚園として、礼拝の時間をもっています。心を静めて神様を思い、 大切なことばに耳を傾けます。目に見えない、しかし大きな確かな存在を知ることで、こどもの心は、 安らぎを得てすくすくと育っていくのです。


(5) 家庭と幼稚園と共に




 こどもたちにとって、幼稚園ですごす時間は、一日のうちせいぜい数時間です。一週間、 また一年を通してみれば、こどもたちは、幼稚園よりずっと大切な時間を、 それぞれの家庭で過ごしているのです。幼稚園がどんなによいところであったとしても、 家庭の大切さにとってかわることはできません。こどもの幸せのために何をどうしたらよいか、 幼稚園と家庭とが、手を携えて共に力をあわせ、心を傾けることこそが必要とされるのです。  幼稚園は、一般的なこどもの成長発達については、専門の知識や見解を蓄積しています。 しかし、現実のひとりのこども、「この子」については、その親こそが「専門家」です。 ひとりのこどもをほんとうに理解し、受け入れはぐくむためにも、家庭と幼稚園の協力が必要となります。  ひまわり幼稚園では、幼稚園の体験を、こどもたちだけでなく、その家庭にも共有していただきたいと願っています。 幼稚園でのさまざまなできごと、行事や日常の保育を、家族の方々にも体験していただく機会をいろいろ設けています。 こどもたちにとって、自分の喜びや楽しみ、困難や課題を、もっともたいせつな家族と共に分かち合うことは、 またとない喜びです。こどもたちといっしょに、幼稚園にかかわっていただきたいと願っています。


旭川のプロテスタント・キリスト教幼稚園のひまわり幼稚園   

北海道旭川市6条25丁目  
Tel(0166)32-0077  
Fax(0166)33-9635  
hmwr.yochien@gmail.com   
Top教育目標  
Copyright(C) 2006- ひまわり幼稚園 All Rights Reserved.